ベルシス24<6183>は急伸。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は28億円で前年同期比24%増となり、26億円程度であった市場予想を上回る着地になった。四半期ベースでは再上場後の最高益となっているもよう。粗利益率の想定以上の改善が業績上振れ要因とみられる。価格適正化や生産性の改善効果が表面化しているようだ。継続的な粗利益率改善による通期業績上振れ期待なども高まっているとみられる。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「ベルシス24---急伸、粗利益率改善で第1四半期は想定以上の増益に