SBSホールディングス<2384>のグループ会社SBSフレック(本社:東京都墨田区)は13日、EC通販の宅配業務を運営している市川デリバリーステーションにて、5月15日から配送業務専用電動アシスト自転車による配送を開始したと発表した。

市川デリバリーステーションの配達エリアは、高層マンショ ンと戸建住宅地が混在する住宅密集地域であり、車では不便も多く見られたため配送用自転車導入を決定。1か月のテスト配送を実施したところ、車両で15分かかったエリアに5分で到着できるようになるなど、時間および作業量の軽減効果を確認、5月15日から本格導入にいたった。テスト配送中には、住民の目に留まる存在になったことで顧客とのコミュニケーションが活性化する想定外の効果も得ることができた。

同社は、今後も安全性、効率性、経済性に優れ、環境負荷軽減など様々な効果が期待できる自転車配送を積極的に推進していく意向。
<MW>

情報提供元:FISCO
記事名:「SBSホールディングス---環境への配慮と配送効率アップを目指し、自転車ラストワンマイル配送をスタート