三菱地所<8802>は反落。クレディ・スイス証券では投資判断を「ニュートラル」から「アンダーパフォーム」に格下げ、目標株価も2000円から1900円に引き下げている。自己株式取得の可能性が低く、ROEの相対的な魅力も乏しいとの判断。一方、大和証券では「2」から「1」に格上げで2800円目標に。国内最高額の賃貸不動産ポートフォリオを評価、当面は再開発計画が途絶えることもないとしている。
<HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「三菱地所---反落、国内証券最上級格上げの一方で欧州系証券では売り推奨に格下げ