アセンテック<3565>

19年1月期第1四半期決算を発表。売上高が前年同期比51.0%増の16.26憶円、営業利益が同15.6%増の1.33憶円だった。テレワーク導入案件の増加や企業のサイバーセキュリティ対策需要の増加に伴い仮想デスクトップビジネスの事業領域で、売上高が堅調に推移した。通期計画に対する第1四半期営業利益の進捗率は43.6%増。株価は足元で順調なリバウンドをみせており、1月高値を意識したスタンスに。


ユーザベース<3966>

6月4日高値3545円をピークに調整が続いているが、支持線として意識されている25日
線までの調整を経て、リバウンドが意識されてきそうだ。一目均衡表では基準線が支
持線として機能している。ボリンジャーバンドでは中心値(25日)までの調整で過熱
感は後退しており、仕切り直しのタイミングになろう。



<HT>

情報提供元:FISCO
記事名:「アセンテック、ユーザベース◆今日のフィスコ注目銘柄◆