ソニー <6758>は続伸。SMBC日興証券が投資判断「1(アウトパフォーム)」を継続し、目標株価を7000円から7600円に引き上げている。今後は広義の「エンタテインメント事業」が業績をけん引する局面を迎えるとみているもよう。Spotify上場やEMIの株主変動、PS Plus会員数拡大、映画業界の再編加速、Netflixの台頭などは保有するコンテンツバリューや顧客接点力が再評価されるきっかけになると指摘している。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「ソニー---続伸、エンタメ事業のけん引局面とみて国内証券が目標株価を引き上げ