※この業績予想は2018年4月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

細田工務店<1906>

3ヶ月後
予想株価
155円

東京・神奈川・東北を中心に展開する戸建て分譲が主力。独自の木造軸組工法が強み。建築請負や注文住宅、リフォームも。都内で中古住宅の買取再販・仲介を行う新会社設立。収益は4Qに偏重。18.3期3Qは費用先行。

戸建て分譲は申込み件数は計画通りも引き渡しが後ズレ気味。資材高や労務費上昇が採算に響く。18.3期は会社計画に届かずか。19.3期は建設請負が堅調持続。買取再販・仲介の新会社が貢献へ。株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/20,000/400/240/180/9.60/0.00
19.3連/F予/21,000/500/340/240/12.81/0.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/03
執筆者:JK
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「細田工務店<1906>のフィスコ二期業績予想