19日午前の東京市場でドル・円は、105円70銭近辺で推移。日経平均は118円安で推移しているが、ある程度の株安は想定内との見方が多く、現時点では売買材料として意識されていないようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円65銭から105円72銭で推移、ユーロ・円は127円75銭から127円84銭で推移、ユーロ・ドルは1.2086ドルから1.2096ドルで推移している。

・NY原油先物(時間外取引):高値60.20ドル 安値59.65ドル 直近59.76ドル

【売買要因】
・米追加経済対策案成立への期待持続
・米国の低金利政策は長期化の公算
・米電力不足懸念

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は105円70銭台で推移、株安は想定内との見方も