午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=105円70銭台で推移。中国人民銀は、1年物MLFで2000億元を供給したとロイターが報じている。金利は2.95%と前回と同水準。昨年の同時期では3.15%近辺であったことから、比較すると低い水準となっている。

一方、東京株式市場は日経平均が48円高の30340円と一時はマイナスに転じたものの、プラス圏に切り返している。指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>は4100円高の106750円と大幅上昇していることが相場を下支えしているようだ。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:1ドル105円70銭台、中国2000億元供給