16日午前の東京市場でドル・円はじり高。リスク選好ムードでドル売りが先行。ただ、日経平均株価の一段高で円売り主導の展開に。ランチタイムの日経平均先物は上げ幅を拡大し、目先の日本株高継続への思惑で安全通貨売りが強まった。ドル・円は一時105円60銭付近に浮上している。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円32銭から105円58銭、ユーロ・円は127円74銭から128円23銭、ユーロ・ドルは1.2126ドルから1.2146ドル。

【要人発言】
・豪準備銀行(議事要旨)
「当面は大規模な金融政策支援が必要」
「金融刺激策の撤回を検討するのは時期尚早」


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円はじり高、日本株高で円売り主導