11日午後の東京市場でドル・円は104円50銭台と、変わらずの値動き。日本や中国の休場で手がかりが乏しいなか、様子見ムードで売り買いは低調のようだ。一方、米株式先物は小幅ながらプラスを維持しており、リスク回避的な円買いは後退している。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円58銭から104円65銭、ユーロ・円は126円72銭から126円82銭、ユーロ・ドルは1.2114ドルから1.2120ドル。

<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は変わらず、様子見ムードは継続