ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)まで戻し、さらに137円50銭(2018/2/2)まで買われた。ドイツにおける都市封鎖措置の延長については、状況が改善した場合、制限措置は緩和される可能性があるため、リスク回避的なユーロ売り材料にならないとの見方が増えている。ただ、欧州中央銀行(ECB)はユーロの動向を引き続き注視していることから、ユーロ買い・米ドル売りが一段と強まる可能性は低いとみられる。

【ユーロ売り要因】
・ECBはユーロ高を監視へ
・ウイルス感染拡大を受けてユーロ圏経済は1-3月期も停滞予想
・ユーロ圏と米国の成長率格差を意識したユーロ売り・米ドル買い

【ユーロ買い要因】
・4-6月期以降におけるユーロ圏経済の回復期待
・復興基金の効果的な活用で景気回復は多少早まる可能性
・欧州におけるウイルスのワクチン接種拡大への期待

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆ECBのユーロ高けん制姿勢で対円レートは上げ渋りか