10日午後の東京市場でドル・円は104円50銭台と、変わらずの値動き。中国や欧米株式先物は堅調地合いを維持し、リスク選好的な円売りに振れやすい。一方、ドルにはリスクオンの売りも観測され、主要通貨は対ドルで下押し圧力がかかりやすいようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円50銭から104円71銭、ユーロ・円は126円65銭から126円85銭、ユーロ・ドルは1.2109ドルから1.2129ドル。

<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は変わらず、ドル売りは継続