10日午前の東京市場でドル・円は、104円60銭台で推移。日経平均の下げ幅は縮小しており、ドル・円は104円71銭まで買われているが、リスク選好的なドル買い・円売りは目先的に抑制されるとの見方は特に変わっていない。ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円52銭から104円71銭で推移。ユーロ・円は126円65銭から126円83銭で推移、ユーロ・ドルは1.2109ドルから1.2120ドル。


<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:株安一服でドル・円は104円71銭まで戻す