午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=105円60銭近辺で推移。8時半に発表された12月の家計調査で消費支出が0.6%減と市場予想の2.3%減を上回った。

一方、東京株式市場は日経平均が306.78円高と寄り付きより上げ幅を拡大している。米国市場が続伸したことや、経済指標が好調であることが相場を下支えしているようだ。また、指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>やソフトバンクG<9984>が上昇していることも相場をけん引しているようだ。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:1ドル105円60銭近辺、12月の家計調査が市場予想上回る