日経平均は288円安(14時20分現在)。日経平均寄与度では、東エレク<8035>、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>などがマイナス寄与上位となっており、一方、ソニー<6758>、KDDI<9433>、ソフトバンクG<9984>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、サービス業、化学、機械、その他製品、金属製品が値下がり率上位、証券商品先物、海運業、石油石炭製品、ゴム製品、鉱業が値上がり率上位となっている。

日経平均の下げ幅は一時300円を超えた。引き続き、ダウ平均先物や香港ハンセン指数が、上海総合指数などをにらみながらの展開となっているようだ。今日は、イビデン<4062>、武田薬<4502>、三菱UFJ<8306>、ソフトバンク<9434>、メルカリ<4385>などが決算発表を予定している。また、米国では新規失業保険申請件数、20年12月の米製造業受注が発表され、メルク、ギリアド・サイエンシズ、フォード・モーターなどが決算を発表する予定。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均は288円安、海外株をにらみながらの展開