日経平均は388円安(14時20分現在)。日経平均寄与度では、ソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>などがマイナス寄与上位となっており、ソフトバンクGが1銘柄で73円程押し下げている。一方、電通グループ<4324>、オムロン<6645>、エプソン<6724>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、情報・通信業、電気機器、精密機器、金属製品、電気・ガス業が値下がり率上位、空運業、陸運業、鉱業、小売業、ゴム製品が値上がり率上位となっている。

日経平均は方向感のない動きとなっている。今日は、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>の20年4-12月期決算、キヤノン<7751>の20年12月期決算などの発表が予定されている。また米国では今晩、10-12月期の実質GDPが発表予定のほか、ダウ、マクドナルド、マスターカード、ビザの20年10-12月期決算が発表される予定で、これらの内容を見極めたいとする向きもあり、積極的な買いは手控えられているようだ。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均は388円安、米国GDPや内外の四半期決算に関心