日経平均は67円高(14時45分現在)。日経平均寄与度では、日東電<6988>、ファナック<6954>、ダイキン<6367>などがプラス寄与上位となっており、一方、エムスリー<2413>、ファーストリテ<9983>、アドバンテスト<6857>>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、不動産業、食料品、電気機器、パルプ・紙、建設業が値上がり率上位、海運業、空運業、鉄鋼、電気・ガス業、精密機器が値下がり率上位となっている。

後場の日経平均は方向感の定まらない動きとなっている。日経平均の後場の値幅(高値と安値の差)はここまで62円程度。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均は67円高、後場の値幅はここまで62円程度