欧州市場でドル・円は103円70銭台と、底堅さが目立つ。ラガルド欧州中銀(ECB)総裁は「景気回復のためには断固たる措置が必要」と発言し、一段の緩和への思惑からユーロ・ドルが下げドル・円をサポート。一方でユーロ・円はドル・円の上昇を抑えている。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円76銭から103円88銭、ユーロ・円は123円05銭から123円33銭、ユーロ・ドルは1.1856ドルから1.1874ドル。



<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は底堅い、ユーロ売りは継続