20日午後の東京市場でドル・円は103円80銭台と、変わらずの値動き。米10年債利回りは低水準で推移し、ドル買いは入りづらい。一方、日経平均株価は前日比180円安の軟調地合いだが、下げ渋りにより日本株安を嫌気した円買いは抑制されているもよう。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円74銭から103円91銭、ユーロ・円は123円17銭から123円39銭、ユーロ・ドルは1.1865ドルから1.1878ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は変わらず、米長期金利にらみ