19日の米国市場ではNYダウが344.93ドル安の29438.42、ナスダック総合指数が97.74pt安の11801.60、シカゴ日経225先物が大阪日中比60円安の25640といずれも下落した。19日早朝の為替は1ドル=103.80-90銭(昨日大引け時は103.98円付近)。本日の東京市場では、国内での新型コロナウイルス感染者数の急増を材料に、エムスリー<2413>などの医療関連銘柄や今春のコロナ流行時の連想からツルハHD<3391>、マツモトキヨシ<
3088>など大手ドラッグストアに買いが向かおう。上場廃止予定のNTTドコモ<9437>に代わって日経平均採用が決まったシャープ<6753>は急騰が予想される。反面、政府の観光支援策「Go To トラベル」の縮小に対する警戒感からJR東日本<9020>やJAL<9201>など運輸セクター全体に売りが広がりそうだ。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測されたエムスリー<2413>、味の素<2802>、AGC<5201>、豊田自動織機
<6201>、SMC<6273>、日立<6501>、富士電機<6504>、キーエンス<6861>、ファナック<6954>、太陽誘電<6976>、村田製<6981>、小糸製作所<7276>、東京精密<7729>、HOYA<7741>、メニコン<7780>、アシックス<7936>などに注目。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「個別銘柄戦略:エムスリーや味の素などに注目