日経平均は89円高(14時20分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、東エレク<8035>などがプラス寄与上位となっており、一方、エムスリー<2413>、ソフトバンクG<9984>、中外薬<4519>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、空運業、保険業、鉱業、鉄鋼、ゴム製品が値上がり率上位、精密機器、情報・通信業、サービス業、小売業、金属製品が値下がり率上位となっている。

日経平均は底堅い動きとなり、26000円を挟んで推移している。引き続き新型コロナワクチン開発による景気回復期待が株価支援要因となっているようだ。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均は89円高、26000円挟んだ動き