12日午後の東京市場でドル・円は104円90銭付近と、安値圏でのもみ合いが続く。日経平均株価は前日比200円超安の軟調地合いだが、下げ渋っていることで株安を嫌気した円買いを抑制。また、ユーロ・ドルの弱含みで、ドル・円は底堅さも意識される。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円86銭から105円16銭、ユーロ・円は123円79銭から124円16銭、ユーロ・ドルは1.1798ドルから1.1814ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は安値もみ合い、日本株は下げ渋り