午前の東京外為市場でポンド・円は1ポンド=139円20銭近辺で推移。英首相の広報責任者であるリー・ケイン氏が11日に辞任したとロイターが報じている。英のEU離脱移行期間終了が間近に迫る中で、政権の中枢で混乱が起こっているとの見方もあるもようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が109円高と上げ幅を縮小して午前の取引を終了した。高値警戒感から、業種別指数では朝方より値下がりが目立ち、利食い売りに押される動きが広がってきたもようだ。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:1ポンド139円20銭近辺、日経平均利食い売りに押される、英首相広報官辞任