<円債市場>
長期国債先物2020年12月限
寄付151円86銭 高値151円90銭 安値151円81銭 引け151円84銭
売買高総計21657枚

2年 418回 -0.135%
5年 145回 -0.095%
10年 360回  0.040%
20年 174回  0.410%

債券先物12月限は、151円86銭で取引を開始。前日NY市場での一段の米長期金利上昇を受けたほか、明日の5年債入札への警戒感などから売りが優勢になり、151円90銭から151円81銭まで下げた。日銀の国債買い入れオペの結果は無難との見方に。現物債の取引では、2年債と5年債が売られ、10年債と20年債が買われた。

<米国債概況>
休場。

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.48%、英国債は0.43%、オーストラリア10年債は0.99%、NZ10年債は0.85%。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]
・22:00 ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁講演(ECBフォーラム)
・米国ベテランズデー祝日(株式市場は通常取引)

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「11日の日本国債市場概況:債券先物は151円84銭で終了