11日の日経平均は7営業日続伸した。ザラ場高値も前日水準を上回ってほぼ高値引け。
ローソク足は下ヒゲのない「陽の寄り付き坊主」で終了し、強い買い意欲を窺わせた。ただ、25日線との上方乖離率が6.78%に拡大したほか、RSI(14日ベース)も77.41%と節目の70%を3日連続で上回って過熱感の強まりを示唆。+1σ分の値幅は541.40円(昨日432.76円)と拡大し、明日は上下どちらの方向にも値幅が大きくなるリスクに留意したい。
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均テクニカル:7日続伸、陽の寄り付き坊主もRSIなどは過熱感を示唆