10日午後の東京市場でドル・円はもみ合い、104円90銭付近での推移が続く。日経平均株価は24800円台に失速し、リスク選好の円売りは抑制された。一方、欧米株式先物の軟調地合いでリスクオンのドル売りは後退し、ドル・円は方向感の乏しい展開のようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円84銭から105円38銭、ユーロ・円は124円04銭から124円53銭、ユーロ・ドルは1.1807ドルから1.1838ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円はもみ合い、日本株は上げ幅縮小