大阪取引所金標準先物 21年10月限・日中取引終値:6460円(前日日中取引終値↑51円)

・推移レンジ:高値6492円-安値6441円

6日の大阪取引所金標準先物(期先:21年10月限)は上昇した。金の価格決定要因として注目されるドル相場は、ドルの総合的な価値を示すドルインデックスが下落。これを受け、ドルの代替投資先とされる金に資金に向かいやすくなり、金先物は昨日のナイトセッションで上昇。今日の金先物はこれにサヤ寄せする形となった。ただ日中取引の時間帯ではドルインデックスが底堅い動きとなり、金先物は朝の時間帯に高値をつけた後は次第に伸び悩んだ。

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「大阪金概況:上昇、ドル相場底堅く朝高の後は伸び悩み