5日午後の東京市場でドル・円は104円20銭台と、本日の安値圏でのもみ合いが続く。米大統領選の開票作業が注視され、様子見ムードで積極的に動きづらいもよう。足元では民主党のバイデン氏が優勢だが、不透明感からドルや円の売りは抑制されているようだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円22銭から104円54銭、ユーロ・円は122円23銭から122円62銭、ユーロ・ドルは1.1717ドルから1.1739ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円はもみ合い、様子見ムードで動きづらい