<円債市場>
長期国債先物2020年12月限
寄付151円96銭 高値151円98銭 安値151円86銭 引け151円88銭
売買高総計23183枚

2年 418回 -0.125%
5年 145回 -0.100%
10年 360回  0.035%
20年 174回  0.410%

債券先物12月限は、151円96銭で取引を開始。前日の米GDP上振れにともなう長期金利上昇を受けて売りが先行するなか、株安・円高をにらんでいったん買われ、151円98銭をつた。その後、日銀の国債買い入れオペの結果が弱めだったことで売りが再燃し、151円86銭まで下げた。現物債の取引では、全年限が売られた。

<米国債概況>
2年債は0.15%、10年債は0.82%、30年債は1.60%近辺で推移。
債券利回りは横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.62%、英国債は0.24%、オーストラリア10年債は0.82%、NZ10年債は0.52%。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]
・18:00 独・7-9月期GDP速報値(前年比予想:-5.2%、4-6月期:-11.3%)
・18:00 欧州中央銀行(ECB)専門家予測調査
・19:00 ユーロ圏・7-9月期GDP速報値(前年比予想:-7.0%、4-6月期:-14.7%)
・19:00 ユーロ圏・10月消費者物価指数速報値(前年比予想:-0.3%、9月:-0.3%)
・19:00 ユーロ圏・9月失業率(予想:8.2%、8月:8.1%)
・21:00 南ア・9月貿易収支(予想:+300億ランド、8月:+389億ランド)
・21:30 米・9月個人所得(前月比予想:+0.4%、8月:-2.7%)
・21:30 米・9月個人消費支出(前月比予想:+1.0%、8月:+1.0%)
・21:30 米・9月コアPCE価格指数(前年比予想:+1.7%、8月:+1.6%)
・21:30 米・7-9月期雇用コスト指数(前期比予想:+0.5%、4-6月期:+0.5%)
・21:30 カナダ・8月GDP(前月比予想:+0.9%、7月:+3.0%)
・22:45 米・10月シカゴ購買部協会景気指数(予想:58.0、9月:62.4)
・23:00 米・10月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値(予想:81.2、速報値:81.2)

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「30日の日本国債市場概況:債券先物は151円88銭で終了