30日午前の東京市場でドル・円は104円50銭台で推移。米長期金利の上昇を意識してリスク回避的なドル売り・円買いは抑制されているようだ。日経平均は105円安で推移しており、下げ幅は拡大している。ただし、株価反転の可能性は残されており、目先的にドル・円は底堅い値動きを見せる可能性がある。ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円49銭から104円63銭、ユーロ・ドルは1.1668ドルから1.1679ドル、ユーロ・円は121円96銭から122円16銭。

■今後のポイント
・新型コロナウイルスのワクチン・有効治療薬の開発競争は加速する可能性
・米追加経済救済策成立は大統領選挙後となる可能性
・ウイルス感染拡大で欧米経済見通しは不透明

・NY原油先物(時間外取引):高値36.27ドル 安値35.89ドル 直近値36.26ドル

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は104円50銭台で推移、日経平均は下げ幅拡大