29日午後の東京市場でドル・円は104円40銭台と、変わらずの値動き。日経平均株価は軟調地合いが続くものの、中国や欧米株価指数がプラス圏で推移し今晩の株高期待から円買いは後退。一方、英国と欧州連合(EU)との通商協議の来月の合意観測で、ポンドはドルや円に対して上昇基調に。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円28銭から104円50銭、ユーロ・円は122円51銭から122円88銭、ユーロ・ドルは1.1744ドルから1.1759ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は変わらず、ポンドは小じっかり