29日午後の東京市場でドル・円は104円40銭台と、変わらずの値動き。日銀は金融政策決定会合で、緩和的な金融政策の維持を決めた。市場予想と一致したことで円買いは後退し、主要通貨を小幅に押し上げた。ただ、日経平均株価は軟調地合いが続き、円買いは根強い。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円28銭から104円50銭、ユーロ・円は122円51銭から122円88銭、ユーロ・ドルは1.1744ドルから1.1759ドル。

<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は変わらず、日銀の緩和姿勢維持で