欧州市場でドル・円はアジア市場終盤から変わらず、110円30銭台で伸び悩む展開。欧州株式市場で主要指数が総じて強含むほか、米株式先物は堅調地合いを維持しており、全般的にドル売り、円売りに振れている。ドル・円はクロス円の上昇に押し上げられているものの、ドル売りで上昇ペースは緩慢なようだ。


ここまでの取引レンジはドル・円は111円27銭から111円56銭、ユーロ・円は120円33銭から120円82銭、ユーロ・ドルは1.0792ドルから1.0844ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は伸び悩み、ドル売り・円売りの流れ