24日午後の東京市場でドル・円は110円20銭付近と、正午前の戻りは一服。日経平均株価は後場上げ幅を縮小し、リスク選好的な円売りはやや抑制されているもよう。一方、時間外取引の米株式先物は堅調地合いを維持しており、ドル買い需要は弱まっている。


ここまでの取引レンジはドル・円は110円09銭から111円35銭、ユーロ・円は118円64銭から119円58銭、ユーロ・ドルは1.0723ドルから1.0823ドル。


<TY>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は戻りが鈍い、日本株は上げ幅縮小