NY外為市場ではリスク回避の動きが再燃した。ドル・円は111円30−35銭で伸び悩んだ。ユーロ・円は119円94銭の高値から119円50銭まで反落。

米上院は大規模経済支援策を巡る2回目の採決でも動議可決に必要な票を得られず失望感が広がった。米国株式相場は下げ幅を再び拡大。ダウ平均株価は626ドル安で推移した。


<KY>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY外為:リスクオフ、米上院、2回目の採決でも否決、米経済支援策