7日午後の東京市場で、ドル・円はじり高となり、足元は112円90銭手前まで持ち直している。日経平均株価は前日比100円超高と上げ幅を拡大し、やや円売りに振れやすい。ただ、欧米株式先物のマイナス圏推移で円売りは限定的となり、目先ドルが113円台を回復するには手がかりが乏しい。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円64銭から112円87銭、ユーロ・円は128円12銭から128円41銭、ユーロ・ドルは1.1372ドルから1.1383ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円はじり高、日本株は上げ幅を拡大