6日の日経平均は大幅に3日続落。前日比100円超安で寄り付いた後も下落が続き、ローソク足はやや長い下ひげを出して陰線を引いた。5日線が急角度で降下したほか、25日線も下向きに転じており、目先の弱地合い継続を示唆。一目均衡表では、日々線が雲下にとどまった。転換線が下向きに、遅行線も株価を下抜け下方乖離に転じるなど、弱気シグナルを発生している。ボリンジャーバンドでは、日々線が-2σを一時割り込み売り手優位を示唆。3日をピークとする下降トレンドが継続した。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均テクニカル:大幅続落、弱気シグナル発生で下降トレンド継続