6日午後の東京市場で、ドル・円は112円58銭まで下げた後は小幅ながら値を戻す展開。112円50銭台の押し目買いでいったん下値が確認され、やや買い戻されているようだ。ただ、日経平均株価の前日比約500円超安をはじめ中国株、欧米株式先物の大幅安により、円買い圧力は依然として強い。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円58銭から113円21銭。ユーロ・円は127円70銭から128円45銭、ユーロ・ドルは1.1339ドルから1.1352ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円はやや値を戻す、いったん下値確認で買い戻し