ドル・円は欧州市場で113円挟みの値動きとなり、ほぼ横ばい。米利上げ打ち止め時期前倒しの思惑からドルは売られやすい。一方、欧州通貨買いの流れは続く。18時半に発表された英国の11月サービス業PMIは予想下振れが嫌気され、ポンドは小幅に売られたが、下げは限定的。また、19時のユーロ圏の10月小売売上高は前月比で予想を上回ったことから、ユーロは対ドルでやや買われた。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円95銭から113円11銭。ユーロ・円は128円03銭から128円22銭、ユーロ・ドルは1.1322ドルから1.1346ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は113円付近で変わらず、欧州通貨買いの流れ