欧州市場でドル・円は113円を挟んでもみ合う展開。ポンドの反発に連れてユーロ・ドルは朝方に付けた本日高値付近に値を戻し、ドルが下押しされている。欧州株式市場は主要指数が前日比約1%安の軟調地合いで、株安を嫌気した円買いも観測される。

 米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ打ち止め時期の前倒しに思惑が広がり、全般的にドル売り基調に振れている。一方、18時に発表されたユーロ圏の11月サービス業PMI(改定値)は速報値を上方修正したが、反応は薄い。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円96銭から113円11銭。ユーロ・円は128円03銭から128円15銭、ユーロ・ドルは1.1322ドルから1.1344ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は113円挟み、ユーロ・ドルが持ち直す