5日午後の東京市場で、ドル・円は113円台を維持するものの、上げ渋る展開。ユーロ・ドルは1.1317ドルまで下げた後、ポンド・ドルの反発もあって足元は1.1330ドル台に戻し、ドルをやや下押し。一方、上海総合指数などアジア株の軟調は続き、引き続き株安を警戒した円買いに振れやすい。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円65銭から113円09銭。ユーロ・円は127円79銭から128円09銭、ユーロ・ドルは1.1317ドルから1.1346ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は上げ渋り、ユーロ・ドルはやや値を戻す