ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、欧州中央銀行(ECB)は2018年前半にもフォワードガイダンスを変更するとの思惑が広がったことで、一時1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。イタリア財政に対する警戒感は依然として消えていないこと、欧州連合(EU)からの英国の離脱についての協定案が議会承認を得ることが難しくなっていることから、ユーロの対円レートは128円を挟んだ水準で推移し、上げ渋る状態が続く見込み。

【ユーロ売り要因】
・ユーロ圏経済の成長鈍化懸念
・イタリアの財政規律問題
・英国は合意なしのEU離脱を選択する可能性

【ユーロ買い要因】
・イタリアの財政規律問題は月内に解決される可能性
・米長期金利の伸び悩み
・英国は合意なしのEU離脱を回避する可能性

<CS>

情報提供元:FISCO
記事名:「今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆128円を挟んだ水準で推移し、上げ渋る状態が続く見込み