米国株式相場は上昇。ダウ平均は287.97ドル高の25826.43、ナスダックは110.98ポイント高の7441.51で取引を終了した。前週末の米中首脳会談で、追加関税を90日間留保することで合意し、貿易摩擦への懸念後退からアジア・欧州株が全面高となった。投資家心理の改善から買い戻しの動きも広がり、終日上昇となった。セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や小売が上昇する一方で電気通信サービスや食品・飲料・タバコが下落した。

貿易摩擦への過度な懸念が後退し、ネット小売のアマゾン(AMZN)、携帯端末のアップル(AAPL)、動画ストリーミングのネットフリックス(NFLX)など主要ハイテク株が上昇。半導体のエヌビディア(NVDA)やマイクロン・テクノロジー(MU)も堅調推移。トランプ大統領がツイッターで、中国が輸入自動車の関税引き下げに合意したと言及すると、自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)やフォード(F)が上昇。原油相場の上昇で、エクソン・モービル(XOM)やシェブロン(CVX)などエネルギー関連会社が買われた。

11月新車販売台数は、フィアット・クライスラー(FCAU)が市場予想を上回る好調となった一方で、フォードは減少した。ゼネラル・モーターズは四半期べ—スの発表に切り替えたものの、11月の販売増加が報じられた。

Horiko Capital Management LLC

<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY株式:NYダウは287ドル高、米中貿易摩擦への警戒感が後退