9日午後の東京市場で、ドル・円は113円90銭付近でこう着した値動き。イタリア財政問題を背景にユーロにらみの展開となっているが、足元はユーロ売りが一服し、様子見ムードが広がる。日本株安などは続いているが、米10年債利回りは下げ渋り、ドルの下値は堅そうだ。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円83銭から114円09銭。ユーロ・円は129円18銭から129円65銭、ユーロ・ドルは1.1341ドルから1.1369ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円はこう着、ユーロにらみの展開