ドル・円は、欧州市場で113円付近に値を下げる展開。米10年債利回りの低下でユーロ・ドルが10月22日以来の高値圏に強含むなど、主要通貨のドルに対する上昇が目立つ。ドル・円はその影響でやや下押しされているが、欧州株高などを背景としたクロス円の円売りにサポートされ下値は堅いようだ。ユーロ圏の9月小売売上高は予想に反して横ばいにとどまったが、前月分はプラスに上方修正された。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は113円00銭から113円22銭。ユーロ・円は129円48銭から129円96銭、ユーロ・ドルは1.1452ドルから1.1499ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「欧州為替:ドル・円は安値圏、ユーロ・ドルは一段高