12日午後の東京市場で、ドル・円は小じっかりの値動きとなり、足元は112円30銭台で推移している。時間外取引の米株式先物はプラス圏となり、今晩の米株反発を見込んだドルの買戻しを誘発。また、ユーロ・円など上昇基調のクロス円もドルを押し上げている。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円01銭から112円40銭、ユーロ・円は129円86銭から130円42銭、ユーロ・ドルは1.1586ドルから1.1609ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は小じっかり、米株式先物はプラス圏