12日午前の東京市場で、ドル・円は戻りが鈍く、足元は112円20銭付近で推移。ランチタイムの日経平均先物はマイナス圏推移に変わりなく、日経平均株価は後場も軟調地合いが続く見通し。また、上海総合指数も弱いため、株安を警戒した円買い基調が続きそうだ。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円01銭から112円31銭、ユーロ・円は129円86銭から130円25銭、ユーロ・ドルは1.1586ドルから1.1602ドルで推移した。

<MK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は戻りが鈍い、日本株の下落基調の継続に警戒も