日経平均は5営業日ぶりに反発した。上昇中の25日線付近まで押された後で反転したが、ローソク足は陰線を引き、明日11日以降に不安を残した。一目均衡表では、転換線の下降と基準線の横ばいが続き、短期的な調整圧力の継続を示した。遅行線は株価との上方乖離を維持しており、買い余力は保たれているもようだ。しかし、ボリンジャーバンドでは、終値が2日連続で中心線までの調整を見せ、形勢は売り方優位に傾きつつあり、短期的には-1σ側への下落も視野に入れておく必要がありそうだ。
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均テクニカル:5日ぶり反発、25日線接近後に反転