10日午後の東京市場で、ドル・円は113円付近を挟んでもみ合いが続く。序盤の欧州株式市場は高安まちまちだが、上海総合指数は小幅ながら続伸して引け、米株式先物はプラス圏に転じ、今晩の米株高を期待したドル買い・円売りに振れやすい。米10年債利回りは3.21%付近で推移し、前日比横ばいが続いており、ドル買いは仕掛けづらい状況。

 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円93銭から113円11銭。ユーロ・円は129円77銭から130円24銭、ユーロ・ドルは1.1485ドルから1.1515ドルで推移。

<KK>

情報提供元:FISCO
記事名:「東京為替:ドル・円は113円挟み、米株式先物はプラス圏