10日のマザーズ先物は4日ぶりに小反発した。前日比4.0pt(+0.40%)高の999.0ptで取引を終えた。高値は1008.0pt、安値は983.0pt、売買高は2557枚。本日は自律反発の流れから、マザーズ先物は一時前日比13.0pt高の1008.0ptまで値を上げる場面もあった。ただ、為替がやや円高基調にあるうえ、日経平均の方向感も掴みにくいなか、個人投資家がマザーズ先物を積極的に手がける動きも限られた。個別では、下落基調にあった直近IPO銘柄であるマネジメントソリューションズ<7033>やエクスモーション<4394>、フロンティアマネジメント<7038>などに自律反発の動きが見られた。
<SK>

情報提供元:FISCO
記事名:「マザーズ先物概況:4日ぶり小反発、一時1000pt突破も